工房について

嬉染居の藍染の原料のひとつ「灰」をつくるため、京都市と日本海の真ん中あたりの山裾に工房を移しました。


工房の移転に伴い、現在、店舗はありません。